マイクロプラスチックの摂取量? くろがねだより7月号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロプラスチック

皆さま、
ゴムチップ〜〜〜〜!!!
\\\\٩( ‘ω’ )و ////

夏ですね!!
暑い夏にも負けません!!

最近あった楽しいこと、
ハマっていることを
お伝えしようかと思いますが、

今回は先に
くろがねだよりの最新号について
お伝えしようと思います!
\\\\٩( ‘ω’ )و ////

くろがねだより2019年7月
  ↑ぽちっと!↑

ででん!

人のプラスチック摂取量
【一週間でクレジットカード1枚分!?】

濠国の研究チームの発表によると、
一週間で人が飲み込む
マイクロプラスチックの量は、
約5g

これは
クレジットカード一枚分
になるそうです。

「マイクロプラスチック」と呼ばれる
5ミリ以下の小さな粒子は、
プラスチックごみはもちろん、
洋服の化学繊維や、
歯磨き粉のスクラブまで
様々なものからできています。

それらが海や川に流れ、
食物連鎖に組み込まれている
のだそうです。

人間が取り込む
マイクロプラスチックの量で
一番多いのは、飲み水由来のもの。

もちろん地域差はありますが、
ボトル入りでも水道水でも
摂取量は同じなのだとか。

二番目に多いのは貝類で、
これは、
人間がプラスチックを飲み込んだ貝を
内蔵ごと食べているのが原因
なのだそうです。

普段の生活で私たちが
こんなにも
プラスチックを摂取している

とは思いもよりませんでした。

これによる健康被害は
今のところ確認されていませんが、
今後の展開が気になるところですね。

参考:CNN.co.jp

以上が、
くろがねだより7月号からの抜粋です。

くろがねだより7月号の感想

なにそれ怖い!
とても怖い!!!

海に流せば、川に流せば、
一時は確かに見えなくなって、
処理できたと思ってしまいますけども。

結局、巡り巡って
自分たちの食卓の上へと戻ってくる。

それって至極当たり前のようで、
でもどこか他人事で、
実感がなくて、ぞっとする話ですよね。

水由来ってのがまた怖い。

ペットボトル入りの水なら、
安全だと思っちゃいますよね!?

ペットボトルで水を販売し始めた当初、
日本の人々は

水道をひねれば
ほぼ無料で出てくるものを、
誰が100円も出して買うんだ

って鼻で笑ったそうですね。

 

しかし恐ろしいもので、今となっては

ペットボトルの水しか
受け付けない

なんて方もおられるほど…。

食の安全性って、
やっぱり気になりますものね。

地球に放り投げた廃棄物は、
いつか自分たちの食卓に
返ってくる

そういう思いを念頭において、
もっともっと色々な廃棄の選択肢
考えてみても
いいのかもしれませんね!

少々高価でも環境に優しい
処理方法を選択できる企業ほど、

カッコいい!
先進的だ!
信用できる!!

って言われる、

そんな社会になれば、今よりずっと
安心安全な環境になるんでしょうね
\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

がんばるぞーーー\\\\٩( ‘ω’ )و ////

弾性舗装・弾性リフォームに最適な着色チップ

くろがね産業の着色チップは、

 

品質や安全性は
どこまでも高く

 

お客様の施工コストや
メンテナンスコストは
低く抑えたい

 

そんな想いで製造しています。

 

ですので、

 

ここまでは、
私たちの環境技術の
「当たり前」
のひとつです。

 

もっと色味のフィット感の良い施工をしたい!

施主様に喜んで貰いたい!

オーダーメイドで
配色のご依頼も可能です。

 

「お客様の、更に先のお客様」
の満足感に貢献したい。

 

くろがね産業の着色チップは、
環境技術に
思いやりの心を添えています。

 


弾性舗装・弾性リフォームに最適な着色チップを見てみる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA